2017年(平成29年)の運勢 「干支(えと)占い」と「九星気学」
2017/02/18

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
福岡の占いの館「宝琉館」館長の深川宝琉です。

福岡県民にとって、博多の男、博多の女をはじめ、皆さまの2017年(平成29年)は一体、どんな年になるのか。

本場中国式の運命学で生まれ年の「干支(えと)」から、2017年の「金運」「仕事運」「恋愛結婚運」「健康運」「総合運」といった運勢をみることができます。
また、福岡の人々、博多や天神の人々にとって「九星気学」による「2017年の運勢と吉方位」を併せてみることができます。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

《 四柱推命干支(えと)占いによる2017年の運勢 》

下の干支(えと)をクリックすると、各干支ごとの運勢が閲覧できます。
※深川宝琉のブログ「天地人の運勢鑑定」ダイアリーに飛びます。

ねずみ年(子年)生まれの運勢
 1936年(昭和11年)生まれ
 1948年(昭和23年)生まれ
 1960年(昭和35年)生まれ
 1972年(昭和47年)生まれ
 1984年(昭和59年)生まれ
 1996年(平成8年)生まれ
 2008年(平成20年)生まれ

うし年(丑年)生まれの運勢
 1937年(昭和12年=丁丑年)生まれ
 1949年(昭和24年=己丑年)生まれ
 1961年(昭和36年=辛丑年)生まれ
 1973年(昭和48年=癸丑年)生まれ
 1985年(昭和60年=乙丑年)生まれ
 1997年(平成9年=丁丑年)生まれ
 2009年(平成21年=己丑年)生まれ

とら年(寅年)生まれの運勢
 1938年(昭和13年=戊寅年)生まれ
 1950年(昭和25年=庚寅年)生まれ
 1962年(昭和37年=壬寅年)生まれ
 1974年(昭和49年=甲寅年)生まれ
 1986年(昭和61年=丙寅年)生まれ
 1998年(平成10年=戊寅年)生まれ
 2010年(平成22年=庚寅年)生まれ

うさぎ年(卯年)生まれの運勢
 1927年(昭和2年=丁卯年)生まれ
 1939年(昭和14年=己卯年)生まれ
 1951年(昭和26年=辛卯年)生まれ
 1963年(昭和38年=癸卯年)生まれ
 1975年(昭和50年=乙卯年)生まれ
 1987年(昭和62年=丁卯年)生まれ
 1999年(平成11年=己卯年)生まれ
 2011年(平成23年=辛卯年)生まれ

たつ年(辰年)生まれの運勢
 1928年(昭和3年=戊辰年)生まれ
 1940年(昭和15年=庚辰年)生まれ
 1952年(昭和27年=壬卯年)生まれ
 1964年(昭和39年=甲辰年)生まれ
 1976年(昭和51年=丙辰年)生まれ
 1988年(昭和63年=戊辰年)生まれ
 2000年(平成12年=庚辰年)生まれ
 2012年(平成24年=壬辰年)生まれ

へび年(巳年)生まれの運勢
 1929年(昭和4年)生まれ
 1941年(昭和16年)生まれ
 1953年(昭和28年)生まれ
 1965年(昭和40年)生まれ
 1977年(昭和52年)生まれ
 1989年(平成元年)生まれ
 2001年(平成13年)生まれ
 2013年(平成25年)生まれ

うま年(午年)生まれの運勢
 1930年(昭和5年=庚午年)生まれ
 1942年(昭和17年=壬午年)生まれ
 1954年(昭和29年=甲午年)生まれ
 1966年(昭和41年=丙午年)生まれ
 1978年(昭和53年=戊午年)生まれ
 1990年(平成2年=庚午年)生まれ
 2002年(平成13年=壬午年)生まれ
 2014年(平成26年=甲午)生まれ

ひつじ年(未年)生まれの運勢
 1931年(昭和6年=辛未年)生まれ
 1943年(昭和18年=癸未年)生まれ
 1955年(昭和30年=乙未年)生まれ
 1967年(昭和42年=丁未年)生まれ
 1979年(昭和54年=己未年)生まれ
 1991年(平成3年=辛未年)生まれ
 2003年(平成14年=癸未年)生まれ
 2015年(平成27年=乙未)生まれ

さる年(申年)生まれの運勢
 1932年(昭和7年=壬申年)生まれ
 1944年(昭和19年=甲申年)生まれ
 1956年(昭和31年=丙申年)生まれ
 1968年(昭和43年=戊申年)生まれ
 1980年(昭和55年=庚申年)生まれ
 1992年(平成4年=壬申年)生まれ
 2004年(平成15年=甲申年)生まれ

とり年(酉年)生まれの運勢
 1933年(昭和8年=癸酉年)生まれ
 1945年(昭和20年=乙酉年)生まれ
 1957年(昭和32年=丁酉年)生まれ
 1969年(昭和44年=己酉年)生まれ
 1981年(昭和56年=辛酉年)生まれ
 1993年(平成5年=癸酉年)生まれ
 2005年(平成16年=乙酉年)生まれ

いぬ年(戌年)生まれの運勢
 1934年(昭和9年=甲戌年)生まれ
 1946年(昭和21年=丙戌年)生まれ
 1958年(昭和33年=戊戌年)生まれ
 1970年(昭和45年=庚戌年)生まれ
 1982年(昭和57年=壬戌年)生まれ
 1994年(平成6年=甲戌年)生まれ
 2006年(平成17年=丙戌年)生まれ

いのしし年(亥年) 生まれの運勢
 1935年(昭和10年=乙亥年)生まれ
 1947年(昭和22年=丁亥年)生まれ
 1959年(昭和34年=己亥年)生まれ
 1971年(昭和46年=辛亥年)生まれ
 1983年(昭和58年=癸亥年)生まれ
 1995年(平成7年=乙亥年)生まれ
 2007年(平成18年=丁亥年)生まれ


◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇


《 「九星気学」による2017年の運勢と吉方位 》

ここからは「九星気学」による2017年(平成29年)の運勢と吉方位です。
同じく、福岡の占いの館「宝琉館」館長の深川宝琉がお届けいたします。

九星気学による「2017年の運勢」とは、正確には2017年2月4日から2018年2月3日までの運勢になります。
また、それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人が該当します。

次の九星をクリックすると、各九星ごとの2017年の運勢と吉方位をご覧いただけます。
※深川宝琉のブログ「天地人の運勢鑑定」ダイアリーに飛びます。

一白水星(いっぱくすいせい)の運勢と吉方位
 大正7年生まれ
 昭和2年生まれ
 昭和11年生まれ
 昭和20年生まれ
 昭和29年生まれ
 昭和38年生まれ
 昭和47年生まれ
 昭和56年生まれ
 平成2年生まれ
 平成11年生まれ
 平成20年生まれ
※それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人が該当します。



二黒土星(じこくどせい) の運勢と吉方位
 大正6年生まれ
 昭和元年生まれ
 昭和10年生まれ
 昭和19年生まれ
 昭和28年生まれ
 昭和37年生まれ
 昭和46年生まれ
 昭和55年生まれ
 平成元年生まれ
 平成10年生まれ
 平成19年生まれ
※それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人が該当します。


三碧木星(さんぺきもくせい)の運勢と吉方位
 大正5年生まれ
 大正14年生まれ
 昭和9年生まれ
 昭和18年生まれ
 昭和27年生まれ
 昭和36年生まれ
 昭和45年生まれ
 昭和54年生まれ
 昭和63年生まれ
 平成9年生まれ
 平成18年生まれ
※それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人が該当します。

四緑木星(しろくもくせい)の運勢と吉方位
 大正4年生まれ
 大正13年生まれ
 昭和8年生まれ
 昭和17年生まれ
 昭和26年生まれ
 昭和35年生まれ
 昭和44年生まれ
 昭和53年生まれ
 昭和62年生まれ
 平成8年生まれ
 平成17年生まれ
※それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人が該当します。


五黄土星(ごおうどせい)の運勢と吉方位
 大正3年生まれ
 大正12年生まれ
 昭和7年生まれ
 昭和16年生まれ
 昭和25年生まれ
 昭和34年生まれ
 昭和43年生まれ
 昭和52年生まれ
 昭和61年生まれ
 平成7年生まれ
 平成16年生まれ
※それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人が該当します。


六白金星(ろっぱくきんせい)の運勢と吉方位
 大正2年生まれ
 大正11年生まれ
 昭和6年生まれ
 昭和15年生まれ
 昭和24年生まれ
 昭和33年生まれ
 昭和42年生まれ
 昭和51年生まれ
 昭和60年生まれ
 平成6年生まれ
 平成15年生まれ
 平成24年生まれ
※それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人が該当します。

七赤金星(しちせききんせい)の運勢と吉方位
 大正元年生まれ
 大正10年生まれ
 昭和5年生まれ
 昭和14年生まれ
 昭和23年生まれ
 昭和32年生まれ
 昭和41年生まれ
 昭和50年生まれ
 昭和59年生まれ
 平成5年生まれ
 平成14年生まれ
 平成23年生まれ
※それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人が該当します。

八白土星(はっぱくどせい)の運勢と吉方位
 大正9年生まれ
 昭和4年生まれ
 昭和13年生まれ
 昭和22年生まれ
 昭和31年生まれ
 昭和40年生まれ
 昭和49年生まれ
 昭和58年生まれ
 平成4年生まれ
 平成13年生まれ
 平成22年生まれ
※それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人が該当します。

九紫火星(きゅうしかせい)の運勢と吉方位
 大正8年生まれ
 昭和3年生まれ
 昭和12年生まれ
 昭和21年生まれ
 昭和30年生まれ
 昭和39年生まれ
 昭和48年生まれ
 昭和57年生まれ
 平成3年生まれ
 平成12年生まれ
 平成21年生まれ
※それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人が該当します。


◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇


直接の対面鑑定は、福岡の占いの館「宝琉館」本館へご連絡ください。
鑑定予約:090−3416−6230
固定電話&FAX:092-771-8867(携帯電話でのご予約が確実です)
《住所》 福岡県福岡市中央区六本松4-9-35 第二吉川興産ビル403
※「占いのお申し込み」からネットでのご予約も可能です。

※ネットで「2017年の運勢」の鑑定を受けたい方は、姉妹サイト「四柱推命/天地人の運勢鑑定」 をご覧ください。


2016年(平成28年)の運勢 「干支(えと)占い」と「九星気学」
2015/11/28

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
福岡の占いの館「宝琉館」館長の深川宝琉です。

福岡県民にとって、博多の男、博多の女の2016年(平成28年)は一体、どんな年になるのか。

本場中国式の運命学で生まれ年の「干支(えと)」から、2016年の「金運」「仕事運」「恋愛結婚運」「健康運」「総合運」といった運勢をみることができます。
また、福岡の人々、博多や天神の人々にとって「九星気学」による「2016年の運勢と吉方位」を併せてみることができます。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

《 四柱推命干支(えと)占いによる2016年の運勢 》

下の干支(えと)をクリックすると、各干支ごとの運勢が閲覧できます。
※深川宝琉のブログ「天地人の運勢鑑定」ダイアリーに飛びます。

ねずみ年(子年)生まれの運勢
 1936年(昭和11年)生まれ
 1948年(昭和23年)生まれ
 1960年(昭和35年)生まれ
 1972年(昭和47年)生まれ
 1984年(昭和59年)生まれ
 1996年(平成8年)生まれ
 2008年(平成20年)生まれ

うし年(丑年)生まれの運勢
 1937年(昭和12年=丁丑年)生まれ
 1949年(昭和24年=己丑年)生まれ
 1961年(昭和36年=辛丑年)生まれ
 1973年(昭和48年=癸丑年)生まれ
 1985年(昭和60年=乙丑年)生まれ
 1997年(平成9年=丁丑年)生まれ
 2009年(平成21年=己丑年)生まれ

とら年(寅年)生まれの運勢
 1938年(昭和13年=戊寅年)生まれ
 1950年(昭和25年=庚寅年)生まれ
 1962年(昭和37年=壬寅年)生まれ
 1974年(昭和49年=甲寅年)生まれ
 1986年(昭和61年=丙寅年)生まれ
 1998年(平成10年=戊寅年)生まれ
 2010年(平成22年=庚寅年)生まれ

うさぎ年(卯年)生まれの運勢
 1927年(昭和2年=丁卯年)生まれ
 1939年(昭和14年=己卯年)生まれ
 1951年(昭和26年=辛卯年)生まれ
 1963年(昭和38年=癸卯年)生まれ
 1975年(昭和50年=乙卯年)生まれ
 1987年(昭和62年=丁卯年)生まれ
 1999年(平成11年=己卯年)生まれ
 2011年(平成23年=辛卯年)生まれ

たつ年(辰年)生まれの運勢
 1928年(昭和3年=戊辰年)生まれ
 1940年(昭和15年=庚辰年)生まれ
 1952年(昭和27年=壬卯年)生まれ
 1964年(昭和39年=甲辰年)生まれ
 1976年(昭和51年=丙辰年)生まれ
 1988年(昭和63年=戊辰年)生まれ
 2000年(平成12年=庚辰年)生まれ
 2012年(平成24年=壬辰年)生まれ

へび年(巳年)生まれの運勢
 1929年(昭和4年)生まれ
 1941年(昭和16年)生まれ
 1953年(昭和28年)生まれ
 1965年(昭和40年)生まれ
 1977年(昭和52年)生まれ
 1989年(平成元年)生まれ
 2001年(平成13年)生まれ
 2013年(平成25年)生まれ

うま年(午年)生まれの運勢
 1930年(昭和5年=庚午年)生まれ
 1942年(昭和17年=壬午年)生まれ
 1954年(昭和29年=甲午年)生まれ
 1966年(昭和41年=丙午年)生まれ
 1978年(昭和53年=戊午年)生まれ
 1990年(平成2年=庚午年)生まれ
 2002年(平成13年=壬午年)生まれ
 2014年(平成26年=甲午)生まれ

ひつじ年(未年)生まれの運勢
 1931年(昭和6年=辛未年)生まれ
 1943年(昭和18年=癸未年)生まれ
 1955年(昭和30年=乙未年)生まれ
 1967年(昭和42年=丁未年)生まれ
 1979年(昭和54年=己未年)生まれ
 1991年(平成3年=辛未年)生まれ
 2003年(平成14年=癸未年)生まれ
 2015年(平成27年=乙未)生まれ

さる年(申年)生まれの運勢
 1932年(昭和7年=壬申年)生まれ
 1944年(昭和19年=甲申年)生まれ
 1956年(昭和31年=丙申年)生まれ
 1968年(昭和43年=戊申年)生まれ
 1980年(昭和55年=庚申年)生まれ
 1992年(平成4年=壬申年)生まれ
 2004年(平成15年=甲申年)生まれ

とり年(酉年)生まれの運勢
 1933年(昭和8年=癸酉年)生まれ
 1945年(昭和20年=乙酉年)生まれ
 1957年(昭和32年=丁酉年)生まれ
 1969年(昭和44年=己酉年)生まれ
 1981年(昭和56年=辛酉年)生まれ
 1993年(平成5年=癸酉年)生まれ
 2005年(平成16年=乙酉年)生まれ

いぬ年(戌年)生まれの運勢
 1934年(昭和9年=甲戌年)生まれ
 1946年(昭和21年=丙戌年)生まれ
 1958年(昭和33年=戊戌年)生まれ
 1970年(昭和45年=庚戌年)生まれ
 1982年(昭和57年=壬戌年)生まれ
 1994年(平成6年=甲戌年)生まれ
 2006年(平成17年=丙戌年)生まれ

いのしし年(亥年) 生まれの運勢
 1935年(昭和10年=乙亥年)生まれ
 1947年(昭和22年=丁亥年)生まれ
 1959年(昭和34年=己亥年)生まれ
 1971年(昭和46年=辛亥年)生まれ
 1983年(昭和58年=癸亥年)生まれ
 1995年(平成7年=乙亥年)生まれ
 2007年(平成18年=丁亥年)生まれ


◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇


《 「九星気学」による2016年の運勢と吉方位 》

ここからは「九星気学」による2016年(平成28年)の運勢と吉方位です。
同じく、福岡の占いの館「宝琉館」館長の深川宝琉がお届けいたします。

九星気学による「2016年の運勢」とは、正確には2016年2月4日から2017年2月3日までの運勢になります。
また、それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人が該当します。

次の九星をクリックすると、各九星ごとの2016年の運勢と吉方位をご覧いただけます。
※深川宝琉のブログ「天地人の運勢鑑定」ダイアリーに飛びます。

一白水星(いっぱくすいせい)の運勢と吉方位
 大正7年生まれ
 昭和2年生まれ
 昭和11年生まれ
 昭和20年生まれ
 昭和29年生まれ
 昭和38年生まれ
 昭和47年生まれ
 昭和56年生まれ
 平成2年生まれ
 平成11年生まれ
 平成20年生まれ
※それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人が該当します。

二黒土星(じこくどせい) の運勢と吉方位
 大正6年生まれ
 昭和元年生まれ
 昭和10年生まれ
 昭和19年生まれ
 昭和28年生まれ
 昭和37年生まれ
 昭和46年生まれ
 昭和55年生まれ
 平成元年生まれ
 平成10年生まれ
 平成19年生まれ
※それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人が該当します。

三碧木星(さんぺきもくせい)の運勢と吉方位
 大正5年生まれ
 大正14年生まれ
 昭和9年生まれ
 昭和18年生まれ
 昭和27年生まれ
 昭和36年生まれ
 昭和45年生まれ
 昭和54年生まれ
 昭和63年生まれ
 平成9年生まれ
 平成18年生まれ
※それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人が該当します。

四緑木星(しろくもくせい)の運勢と吉方位
 大正4年生まれ
 大正13年生まれ
 昭和8年生まれ
 昭和17年生まれ
 昭和26年生まれ
 昭和35年生まれ
 昭和44年生まれ
 昭和53年生まれ
 昭和62年生まれ
 平成8年生まれ
 平成17年生まれ
※それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人が該当します。

五黄土星(ごおうどせい)の運勢と吉方位
 大正3年生まれ
 大正12年生まれ
 昭和7年生まれ
 昭和16年生まれ
 昭和25年生まれ
 昭和34年生まれ
 昭和43年生まれ
 昭和52年生まれ
 昭和61年生まれ
 平成7年生まれ
 平成16年生まれ
※それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人が該当します。

六白金星(ろっぱくきんせい)の運勢と吉方位
 大正2年生まれ
 大正11年生まれ
 昭和6年生まれ
 昭和15年生まれ
 昭和24年生まれ
 昭和33年生まれ
 昭和42年生まれ
 昭和51年生まれ
 昭和60年生まれ
 平成6年生まれ
 平成15年生まれ
 平成24年生まれ
※それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人が該当します。

七赤金星(しちせききんせい)の運勢と吉方位
 大正元年生まれ
 大正10年生まれ
 昭和5年生まれ
 昭和14年生まれ
 昭和23年生まれ
 昭和32年生まれ
 昭和41年生まれ
 昭和50年生まれ
 昭和59年生まれ
 平成5年生まれ
 平成14年生まれ
 平成23年生まれ
※それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人が該当します。

八白土星(はっぱくどせい)の運勢と吉方位
 大正9年生まれ
 昭和4年生まれ
 昭和13年生まれ
 昭和22年生まれ
 昭和31年生まれ
 昭和40年生まれ
 昭和49年生まれ
 昭和58年生まれ
 平成4年生まれ
 平成13年生まれ
 平成22年生まれ
※それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人が該当します。

九紫火星(きゅうしかせい)の運勢と吉方位
 大正8年生まれ
 昭和3年生まれ
 昭和12年生まれ
 昭和21年生まれ
 昭和30年生まれ
 昭和39年生まれ
 昭和48年生まれ
 昭和57年生まれ
 平成3年生まれ
 平成12年生まれ
 平成21年生まれ
※それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人が該当します。


◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇


直接の対面鑑定は、福岡の占いの館「宝琉館」本館へご連絡ください。
鑑定予約:090−3416−6230
固定電話&FAX:092-771-8867(携帯電話でのご予約が確実です)
《住所》 福岡県福岡市中央区六本松4-9-35 第二吉川興産ビル403
※「占いのお申し込み」からネットでのご予約も可能です。

※ネットで「2016年の運勢」の鑑定を受けたい方は、姉妹サイト「四柱推命/天地人の運勢鑑定」 をご覧ください。



2015年(平成27年) 一白水星の運勢と吉方位
2015/06/26

福岡の占いの館「宝琉館」館長の深川宝琉です。

Kigakuwakusei2

2015年(平成27年)の運勢は一体どうなっているのか。それぞれの本命星(生まれた年の星)に合わせ、吉方位も含めて詳細に紹介しています。

ここでは、九星気学で見る2015年(平成27年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)  、二黒土星(じこくどせい) 、三碧木星(さんぺきもくせい) 、四緑木星(しろくもくせい) 、五黄土星(ごおうどせい) 、六白金星(ろっぱくきんせい) 、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい) 、九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介していきます。

第1回目は一白水星の人の2015年(平成27年)の運勢です。

Ippakusuisei1

一白水星の人は大正7年生まれ、昭和2年生まれ、昭和11年生まれ、昭和20年生まれ、昭和29年生まれ、昭和38年生まれ、昭和47年生まれ、昭和56年生まれ、平成2年生まれ、平成11年生まれ、平成20年生まれの人が該当します。ただし、それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人となります。

正確には2015年の運勢とは、2015年2月4日から2016年2月3日までの運勢となります。

2015年(平成27年) 一白水星の運勢

【今年の総合運(ツキを呼び込むポイント)】

Ippakusuisei2015imi_2

●これまで長かったツキのない4年間を終え、運気は上り坂に突入しました。今年は良い年です。これから5年間、ツキが出てきますので、十分な準備をしてきた人ならば、信頼第一で着実に行動して実りが出てくる時です。良いアイデア、企画、計画がどんどん浮かび上がり、意欲的になります。今まで努力して積み上げ、準備した人にとってはチャンス到来です。

●しっかりと土台を築いてきた人にとっては行動して評価が高まる時です。これまで影で見えなかった部分に光が照らされる時なのです。隠し事をしたり、不正をしていた人にとっては過去の悪事がスキャンダルのように露見し、本人の社会的評価が地に落ちることもありますので、行動には十分に注意が必要です。良くも悪くも世間に実力が知れ渡る時です。

●うるさく騒ぎ回るばかりで、内容がなくて評価されない場合があります。準備なく軽はずみな思いつきだけで騒いでも実りは結べません。何よりも中身を重視し、表面的な体裁や目立ちたがるような体質を改め、誠実さと重厚な行動力を優先すべき時です。

【今年の仕事運】

●運勢レベルに恵まれるので、新規事業を計画したり、実行に移すには好機です。新規の事柄に興味を示すことが多いでしょう。本業以外の分野にもひかれるはずです。善し悪しは別にして、これまで先が見通せず、分からなかったものが見えてきます。課題克服の道を悟って評価され、周囲から研究成果や行動が認められる運勢です。このように、よしも悪しきも物事が具体的に表面化してくる周期です。税務署の調査が入ったり、公的機関の検査が抜き打ちで行われる年回りなので、日頃の努力で評価が別れます。

●何事もプラス方向に考え、一途に努力する姿勢を重視しましょう。ベテラン社員ならば、新入社員のようなフレッシュな気持ちを抱いて朝の出社も一番乗りし、デスクの掃除や整理をしてみるのも良いでしょう。独りよがりな独善性に偏ったり夢想的にならない気構えがポイントです。継続している事柄に未来への見通しがつく年回りです。

【今年の金銭運】

Ippaku2015baio

これまで大なり小なり金銭的な損失がありましたが、これからは徐々に上昇する運気に乗れるでしょう。十分に準備、計画したことであれば、思い切って投資しても良いでしょう。大きな買い物も下準備がしっかりしていれば良い時期。そのためには、今までしっかりとした資金があるかどうかが一番大切です。備え(準備・蓄え)あれば憂いなし。

【今年の恋愛・結婚・異性運】

順調に動き始める時です。これまで良縁になかなか恵まれなかった人にとっては、出会いの場に積極的に出て行ったり、合コン、お見合いなど婚活を積極的に行って着実に新たな縁に恵まれやすい時期です。ヘアスタイルやファッションを変えてイメージチェンジすることで異性運を呼び込めます。心機一転、これまでにフラれてしまった異性にもう一度アタックしてみるのも良いでしょう。今までになく、恋愛やお見合いを通した良縁のチャンスが得られます。本命以外の異性に手を出したり、二股をかけたりしていると、ふとした事で暴露されてしまって信用失墜しますので痛い目に遭わないよう、ご用心。

【一白水星の恋愛結婚運の特性】

恋愛に関しては理性的に対応します。男女共に相手の生き方や影響を大きく受けるでしょう。特に情にもろいところが認められます。落ち着いた恋愛を好みますが、人により情熱的な雰囲気を好むこともあり、基本的に堅実な恋愛観を持っています。その根底には自己防衛が働いています。相手の人柄を見極めることが、安定した幸運につながります。精神的に焦らずに運命の人を見つけましょう。

【一白水星の人の適職】

水を扱う業種・飲食関係・水産業・水道関係・お酒を扱う業種・性風俗産業・夜の産業・頭脳だけを使う産業・コンピュータのソフトウエア開発

【一白水星の適職開運ポイント】

常識を優先する冷静な判断力があります。時間をかけることで本来の能力を発揮できるでしょう。環境にも順応性が認められます。職業としては人に喜んでもらえるサービス業に適性があります。美的センスや趣味的な事柄が実益に結びつくこともあるはずです。目上からの引き立てを受ける生まれであり、器用なところがプラスに作用します。技術を身につけて活躍する人も少なくありません。洞察力を発揮してビジネスチャンスを掴みましょう。

【今年(平成27年)の一白水星の吉方と凶方】

Ippkakusuisei2015kippou

南=吉、北西=吉、北東=凶、東=凶、西=凶

【一白水星の人のツキを呼び込むパワーストーン】 オニキス(心と体のバランスを保ち、強化する)、ダイヤ(魂と体に栄養を送る)、エメラルド(人に知恵を与える愛の守護石)、ドリップストーン(鍾乳石=自分の道を初志貫徹できる)、オブシディアン(体全体のプラスエネルギーを引き出す)、アクアマリン(穏やかさや寛容さが芽生える)。

2015年(平成27年) 二黒土星の運勢と吉方位
2015/06/26

福岡の占いの館「宝琉館」館長の深川宝琉です。

3fortunesutar

2015年(平成27年)の運勢は一体どうなっているのか。それぞれの本命星(生まれた年の星)に合わせ、吉方位も含めて詳細に紹介しています。

ここでは、九星気学で見る2015年(平成27年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 、二黒土星(じこくどせい) 、三碧木星(さんぺきもくせい) 、四緑木星(しろくもくせい) 、五黄土星(ごおうどせい) 、六白金星(ろっぱくきんせい) 、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい) 、九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介していきます。

Jikokudosei2

第2回目は二黒土星の人の2015年(平成27年)の運勢です。!!

2015年(平成27年)の運勢とは、正確には2015年2月4日から2016年2月3日までの運勢となります。

二黒土星の人は大正6年生まれ、昭和元年生まれ、昭和10年生まれ、昭和19年生まれ、昭和28年生まれ、昭和37年生まれ、昭和46年生まれ、昭和55年生まれ、平成元年生まれ、平成10年生まれ、平成19年生まれの人が該当します。ただし、それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人となります。

2015(平成27年) 二黒土星の運勢

【今年の総合運(ツキを呼び込むポイント)】

Jikokudosei2015imi

●今年は春爛漫の花が咲き乱れるように本人自身が大きく開花する年。昨年から積極的に行動した結果が実り、順風満帆でツキがある良い時期です。お祝い事、縁起の良いことが多く、信用が高まり、昇進、取引上の成功、事業繁栄、未婚の人は婚約や結婚にゴールインしやすく、順調な時です。あれこれ気迷いすると逆にチャンスが逃げますので、あれこれ悩まず、確たる信念で思い切った決断力を持って進むことで天運が味方します。

●人間関係もギクシャクした関係だった状態でも回復へ向かいます。苦労して登った坂の上から見えるのは、雲ひとつない青空です。気分も晴れやかになり、信用を得られ、仕事も順調に進みます。対人関係では、できるだけ相手の長所を見る努力をしましょう。さわやかな春風のように、マメに飛び回ってソフトに人と接し、信用を築く年です。

●信用・友情・交際・縁談・結婚・商売などに関する慶事、祝い事が風に乗って舞い込んでくる時です。ただし、何の努力もしなければ、せっかくのチャンスを逃し、慶事、祝い事も絵にかいた餅で終わります。そうならないためにも、常に情報のアンテナをはりめぐらし、あらゆる人脈による情報網をフル回転してすばやく対応することが大切です。そのためには周囲の人との付き合いを活発にすることです。そうすれば対人関係も良くなり、交際範囲も広がります。

【今年の仕事運】

●サラリーマンやOLならば、上司から信頼されて認められ、昇進のチャンスがある時です。風のように忙しく飛び回り、風のように柔軟な態度で人に接しましょう。それが必ず良い結果を生むはずです。難航していた交渉事や大きなプロジェクトも自然にまとまる機運です。電話やインターネットをフル活用し、できるだけ情報を収集して吉。しばらく疎遠になっていた知人、友人に連絡すると、思わぬ朗報に接することができるかもしれません。

●良い運勢レベルに恵まれるので、新規の事柄に興味を示すことが多いでしょう。本業以外の分野にもひかれるはずです。善し悪しは別にして、これまで分からなかったものが見えてきて、周囲から研究成果や行動が認められる運勢です。物事が具体的に表面化してくる周期なので何事もプラス方向に考え、一途に努力する姿勢を重視しましょう。独善性に偏ったり、夢想的にならない気構えがポイントです。継続している事柄に未来への見通しがつく周期です。

●注意点は気迷いがタブーであること。優柔不断になって往来を繰り返す風のように定着地がなく、決断力を失い、千載一遇のチャンスを逃すことになりかねません。行く時は行く、ひくときはひく、と白黒はっきりすることが好機を着実に得る重要ポイントです。そのためには笑顔を忘れず、外に出る前は鏡でにっこりさわやかな笑顔を何度かつくって、ソフトムードになる心の余裕も必要です。すべて順調に進んでいるとしても、決して高慢にならず、柔和さを心がけることです。その点さえ気をつければ、最高の運勢にありますから、すべてが良い方向に進んでいくはずです。

【今年の金銭運】   

Jikokudosei2015baio

これまで大なり小なり金銭的な損失がありましたが、これからはお金の出し入れが増え、上昇する運気に乗ることができます。七赤金星は行動力があり、金銭運の波がありますが、出費しても自然にお金が入ってくる傾向です。今年はきちんと準備して計画した内容について必要なことでお金を出せば、それ以上に入ってくる年回りです。気分に支配されず、一貫した金銭感覚を保てば、着実に財が築けます。

【今年の恋愛・結婚・異性運】

●良縁に恵まれることが多いでしょう。良い出会いがあります。交際も順調に進みやすく、身近な人の結婚式など祝い事も多い年です。会合やパーティがあれば面倒くさがらずに積極的に参加しましょう。何事も積極的に行動できる年の到来です。手紙やメールも積極的に相手に送りましょう(やりすぎにはご注意)。三碧木星の人は、基本的に平凡な恋愛より、ドラマティックな恋愛を好みます。男女共に異性から好印象を与えることが多く、今年は良い縁に恵まれやすい時期です。相手の外見にのみとらわれることなく、焦らず、相手の本質を見極め、内面性を重視して良縁を実らせる時です。

●結婚を望んでいる人にとっては順調にお付き合いが進み、縁談がまとまりやすい絶好のチャンス到来。人生の春を迎えます。昨年舞い込んできた異性との出会いや縁談が、今年はいよいよ実る機運にあるのです。また、縁遠かった人も、春風が素敵な出会いを運んでくれるように、ふっと良い縁談が飛び込んでくることもあります。肝心なのは、日ごろ培ってきた情報網と信用が重要ポイントであることです。信用ある人からのお見合い話には是非乗ってみることです。

【二黒土星の恋愛結婚運の特性】

親切な性格は恋愛にも発揮されます。相手の本質を冷静にじっくり見極めることができるでしょう。それだけ現実的にとらえるわけです。人により意識しなくても打算性が働く場合があるようです。男女共に情にもろく、サービス精神が旺盛で尽くすタイプです。恋愛にもプラスに作用しますが、相手を束縛しすぎないように注意しましょう。周囲の影響を受けないように、自分を信じて行動しましょう。

【二黒土星の人の適職】

土を扱う業種・農業関係・土を加工したり建物を扱う業種・不動産関係・土建業・大衆的な娯楽を扱う業種・ゲーム業界・公務員などの保守的な仕事・メモリアル関係・雑貨商・陶磁器業・内科医

【二黒土星の適職開運ポイント】

努力と忍耐力は人一倍あるので、幅広い職業で活躍できます。対人関係では細やかな配慮と面倒見のよさで、事業的にもプラスに作用します。中心的な存在より補佐役の方が生き方に合っているようです。ただし、環境的な条件が整えば別です。全般的に辛抱強さがあるので、成功の可能性は高いでしょう。何事にも無理をしない生き方には安定感があります。損失防止にもつながっています。温厚な人柄は認められ評価されるでしょう。根は働き者のタイプなので、忙しいほど本領を発揮できるでしょう。

【今年の二黒土星の吉方と凶方】

Jikokudosei2015kippou

北=吉、南=吉、南西=吉、東=凶、北東=凶、西=凶、西=凶、南東=凶

※これは非常に大まかな吉方と凶方です。その年の吉方だけで引っ越しや移転、旅行などを決めると失敗します。吉方と凶方はその人の生年月日によって月ごとや日ごとで細かく変化しますので、引っ越しや移転、吉方取り(お水取り)などの吉方や日取りは福岡の占いの館「宝琉館」本館 による詳細かつ正確なオリジナル有料鑑定をお薦めします。

【二黒土星の人のツキを呼び込むパワーストーン】

トパーズ(消極性を払しょくし繁栄、名誉運アップ)、パール(純潔を象徴し、感情を穏和に丸くする)、ガーネット(心と血液を浄化する作用がある)、メノウ(瑪瑙=家庭のトラブル未然防止や対人関係の改善強化)、ガーデンクォーツ(心身の癒しとヒーリング効果)、タイガーアイ(新規事業成功と金運アップ)。

【二黒土星の象意=地(坤)=南西】

大地のような広々とゆったりしたもの、すべてを包容する母性的なもの。「根気」「質素」「従順」を意味。古い習慣、気苦労、掃除、労働、まじめ、世話をする、継続、大衆的。平ら、安い。人では母親、黙々と働く平社員、従順でおとなしい人、従業員、妻、大衆、労働者、農夫。場所では農村、田舎、平地、牧草地、仕事場、物置、倉庫。

 

2015年(平成27年) 三碧木星の運勢と吉方位
2015/06/26

福岡の占いの館「宝琉館」館長の深川宝琉です。

2star1

2015年(平成27年)の運勢は一体どうなっているのか。それぞれの本命星(生まれた年の星)に合わせ、吉方位も含めて詳細に紹介しています。

ここでは、九星気学で見る2015年(平成27年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 、二黒土星(じこくどせい) 、三碧木星(さんぺきもくせい) 、四緑木星(しろくもくせい) 、五黄土星(ごおうどせい) 、六白金星(ろっぱくきんせい) 、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい) 、九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介していきます。

Sanpekimokusei1_2

第3回目は三碧木星の人の2015年(平成27年)の運勢です。!!

2015年(平成27年)の運勢とは、正確には2015年2月4日から2016年2月3日までの運勢となります。

三碧木星の人は大正5年生まれ、大正14年生まれ、昭和9年生まれ、昭和18年生まれ、昭和27年生まれ、昭和36年生まれ、昭和45年生まれ、昭和54年生まれ、昭和63年生まれ、平成9年生まれ、平成18年生まれの人が該当します。ただし、それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人となります。

2015年(平成27年) 三碧木星の運勢

【今年の総合運(ツキを呼び込むポイント)】

Sanpekimokusei2015imi

●今年はツキはあるのですが、どうも八方塞がりを感じやすい年。良い現象と不本意な現象の双方が表面化し、吉凶が両極端に拡大化する周期です。大吉大凶ともに突然到来しやすく、大難の時の危機管理が重要。大波乱が予想され、気構えとしてはいつもより冷静に行動しなければなりません。功成り名遂げてかえって目標を失ったりするような年です。

●具体的には継続していた事柄を一時的に中止して流れを変えたくなる気分に支配されるでしょう。新築、改築、独立など大なり小なり進退変化が生じるでしょう。物事の安定性を欠きやすいので、失業、転職の暗示も含まれています。全般的には努力相応の成果が得られにくいでしょう。積極策よりも、計画をしっかり綿密に練ることが本来の姿になります。透徹した冷静な判断力が試される時なのです。できるだけ準備段階にとどめ、新規の事柄は控える姿勢が賢明です。実行は来年まで待ちたいものです。ただし、常識的に無理がなければ着手は可能です。中にはこの周期に順調に発展する人もいます。

【今年の仕事運】

サラリーマンやOLにたとえるなら、立身出世を果たした人と言うことができます。会社の内情が手に取るように見え、その自信過剰から融通性に乏しくなり、強引に自分の意見を押し通したり、とうてい無理と思われることを実行したりしがちな年です。そのため、突然、足下をすくわれたり、周囲の人から浮いてしまう恐れがあります。突発的な仕事上のトラブル、波乱に要注意。自己中心的にならず、相手の気持ちを思いやる謙虚な心を保つことが今年のポイントです。

【今年の金銭運】  

Sanpekimokusei2015baio

今年は自身の持っている強烈なパワーは周りに与える影響力が強いので、自分で意識してブレーキをかけなければ、徹底して自分の主義主張を押し通しがちで、その結果、せっかく苦労して築いてきたものが 土台から崩れ去ることになるかもしれません。とくにギャンブル・無謀な投機やそれに類する事柄にはくれぐれも手を出さない方が良い。ギャンブルにはまると、後で抜け出せなくなり、金運が泥沼化します。手がけていたことが一段落し、気が緩んで気持ちが大きくなる時ですから、ギャンブルに手を出したくなる雰囲気や誘惑にかられますが、この甘い誘惑に乗ると、運勢が凶に急変します。金運については自分の主義主張だけを力づくで通そうとせず、他人の意見も取り入れて判断することです。独断専行すると破綻するのでご用心。

【今年の恋愛・結婚・異性運】

孤独な王様になってしまう傾向があります。デートをするにしても何をするにしても、いつも以上に相手の気持ちを大切にすることを忘れてはなりません。どんなに突っ走りたくても、成功が確実に見えても、人の意見に耳を傾ける余裕と先々を見据える慎重さを忘れないことが肝要です。ナルシストに陥りやすい部分を避け、ソフトに柔らかく、腰を低くして異性に対して接することで異性縁は上昇します。

男女共に面倒見のよい性格ですから、異性からは好感を持たれるでしょう。基本的に恋愛チャンスに恵まれる生まれですが我の強さが出ると、吉凶が激しい。相手の本質を見抜くことが安定した恋愛成就の秘訣になります。人によっては気質の強さが気になるケースもあります。自分の気持ちに正直であれは、恋愛でもお見合いでも問題ありません。ただし、プライドを傷つけられることは許せません。ロマンティストの部分をプラス方向に発揮しましょう。恋愛では誤解されないように注意しましょう。

【三碧木星の人の適職】

音や電気に関する業種・電気業界・音楽・芸能・レジャー施設・TV業界・ラジオ関係・CMなどの広告業界・パチンコ業界・楽器・おもちゃ・青果商・造園業の業界

【三碧木星の適職開運ポイント】

性格的に几帳面であり簡単には妥協できません。満足できる結果までは頑張るタイプです。人と協力するより単独行動で成功するでしょう。ただし、役割分担ができていれば、この限りではありません。直感力と行動力を発揮できる分野にも適性があります。技術を身につけて活躍する人も少なくありません。生来の気前のよさが業務上で、プラスにもマイナスにも作用するでしょう。対人関係では明るい雰囲気が認められるでしょう。豊かな発想力をビジネスチャンスに発揮しましょう。

【三碧木星の人のツキを呼び込むパワーストーン】

アメジスト(英知と勇気、愛の守護石。出会いを招く)、ラピスラズリ(邪霊を払い、富や恋人の獲得に効力)、ダイヤ(魂と体に栄養を送る)、ブルーレースメノウ(笑顔と魅力アップと交友関係プラス効果)、プラチナルチル(予定外の収入や懸賞金大当たりなど予期せぬ幸運)、ラピスラズリ(悪縁を遠ざけ幸運を呼び込む)。

【今年の三碧木星の吉方と凶方】 

Sanpekimokusei2015kippou

南西=吉、北西=吉、北東=凶、東=凶、西=凶

これは非常に大まかな吉方と凶方です。その年の吉方だけで引っ越しや移転、旅行などを決めると失敗します。

2015年(平成27年) 四緑木星の運勢と吉方位
2015/06/26

福岡の占いの館「宝琉館」館長の深川宝琉です。

Kigakuwakusei2

2015年(平成27年)の運勢は一体どうなっているのか。それぞれの本命星(生まれた年の星)に合わせ、吉方位も含めて詳細に紹介しています。

ここでは、九星気学で見る2015年(平成27年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 、二黒土星(じこくどせい) 、三碧木星(さんぺきもくせい) 、四緑木星(しろくもくせい) 、五黄土星(ごおうどせい) 、六白金星(ろっぱくきんせい) 、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい) 、九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介していきます。

Sirokumokusei1

第4回目は四緑木星の人の2015年(平成27年)の運勢です。!!

2015年(平成27年)の運勢とは、正確には2015年2月4日から2016年2月3日までの運勢となります。

四緑木星の人は大正4年生まれ、大正13年生まれ、昭和8年生まれ、昭和17年生まれ、昭和26年生まれ、昭和35年生まれ、昭和44年生まれ、昭和53年生まれ、昭和62年生まれ、平成8年生まれ、平成17年生まれの人が該当します。ただし、それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人となります。!!

2015年(平成27年) 四緑木星の運勢

【今年の総合運(ツキを呼び込むポイント)】

Sirokumokusei2015imi

●今年は運気が上々です。人生の目標に向かってチャレンジする良い年であり、長年の夢に向かう時。仕事も勉強も充実し、行動や言動に活気がみなぎってきます。積極的に行動することで上司の目にとまり、評価も上がって昇進のチャンス到来です。増改築、事業拡張などは最適です。ただし、何かと心せわしくなる年ですから、すべてが気が緩んでケアレスミスをしたり、せっかちで勇み足になりがちです。周囲の反感にも注意しましょう。

●思わしくなかった前年後半に比べ、節分を過ぎて突如として天が抜けたようにスカッとした気分になります。気持が大きくなり、いろんなことをしたくなる意欲が沸々と湧いてくる年です。長年プランを温めてきた人は独立して世間に打って出るチャンスでしょう。援助者や協力者が現れる時でもあり、金銭面での苦労があるかもしれませんが、ここは度胸とファイト、決断力と実行力で進みましょう。

●自信過剰で派手な言動は敵を作り、独断で結論を急ぐと周りの人から見放されることもあるので、十二分に注意して進んでいく必要があります。とくに今年は歳破が六白金星の位置に来ているので、例年に比べて、独断による波乱は想像以上に強いものがあります。その点をしっかりわきまえれば、今年は対外的に思い切ってアタックし、きっと良い結果が生まれるでしょう。

【今年の仕事運】

サラリーマンには、絶好の出世のチャンス到来です。キャリアウーマン志向の人にとってもビッグチャンス到来の年。実力さえあれば、出世も夢ではありません。上司や目上の人の引き立て、協力も得られるでしょう。天気で言うなら晴れ。心身ともに充実し活動的な機運に満ちた意欲満々の年です。「向かうところは敵なし」といった雰囲気で不思議と仕事で多忙をきわめるようになります。ただ、「勝てば官軍」の傲慢さが出てくると突発的などんでん返しも発生しやすく、リスクは避けられません。

【今年の金銭運】  

Sirokumokusei2015baio

金銭的には冠婚葬祭を含め、義理に関することで出費があるでしょう。節約体制を基本に行動したいものです。運気的には恵まれても、大きな環境転換を控え、地道に貯蓄しましょう。心が大きくなりすぎて投機的な事柄で大胆過ぎる判断が期待はずれとなることがあります。中には相続問題などで神経を使う人もいます。

【今年の恋愛・結婚・異性運】 色恋とはおよそ無縁で仕事が恋人になるような年かもしれません。心身ともに充実し活動的な機運に満ちた意欲満々の年です。忙しさゆえに仕事人間になるあまり、家庭や周囲への思いやりを欠いて人間関係が粗雑になる可能性もあります。未婚の人ならば、異性への細かい気配りが大切な時です。

【今年の四緑木星の吉方と凶方】 

Sirokumokusei2015kippou

西=吉、北東=凶、東=凶、南東=凶、西=凶、北西=凶

これは非常に大まかな吉方と凶方です。その年の吉方だけで引っ越しや移転、旅行などを決めると失敗します。

【四緑木星の人のツキを呼び込むパワーストーン】

トルコ石(旅の守護石。人間関係を豊かにする)、ラピスラズリ(邪霊を払い、富や恋人の獲得に効力)、アメジスト(英知と勇気、愛の守護石。出会いを招く)、ラビットヘア(まじめにコツコツ働いた資産を増やし大成功に導く)、アベンチュリン(若々しさを保って落ち着きと集中力を得る)、フローライト(潜在意識を刺激して内面の美しさを引き出す)。

【四緑木星の象意=風(巽)=南東】

風のように自由に出入りするもの、揺れ動くもの、柔軟で軽やかなもの、伏入(ふくにゅう=低姿勢でどこにも自由に入り込む)の意味。移ろい行くもの、長い、気迷い。人では長女、貿易商、幸運が舞い込む係長、交際上手な人、旅行ナビゲーター、腰の低い臨機応変な商売人。場所は人が多く出入りする商店、郵便物が行き交う郵便局、百貨店。

2015年(平成27年) 五黄土星の運勢と吉方位
2015/06/26

福岡の占いの館「宝琉館」館長の深川宝琉です。

3fortunesutar_2

2015年(平成27年)の運勢は一体どうなっているのか。それぞれの本命星(生まれた年の星)に合わせ、吉方位も含めて詳細に紹介しています。

ここでは、九星気学で見る2015年(平成27年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 、二黒土星(じこくどせい) 、三碧木星(さんぺきもくせい) 、四緑木星(しろくもくせい) 、五黄土星(ごおうどせい) 、六白金星(ろっぱくきんせい) 、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい) 、九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介していきます。

Gooudosei1_2

第4回目は五黄土星の人の2015年(平成27年)の運勢です。!!

2015年(平成27年)の運勢とは、正確には2015年2月4日から2016年2月3日までの運勢となります。

五黄土星の人は大正3年生まれ、大正12年生まれ、昭和7年生まれ、昭和16年生まれ、昭和25年生まれ、昭和34年生まれ、昭和43年生まれ、昭和52年生まれ、昭和61年生まれ、平成7年生まれ、平成16年生まれの人が該当します。ただし、それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人のみとなります。!!

2015年(平成27年) 五黄土星の運勢

【今年の総合運(ツキを呼び込むポイント)

Gooudosei2015imi_2

●絶好調の非常に良い年。心がはずみ、うれしく楽しいことが多く、レジャー、飲食、縁談、結婚など、めでたいことが多くなるでしょう。今までの努力が実る収穫、刈り入れの年でもあり、喜び事、祝い事が多く、「お金」「おしゃべり」というキーワードがピッタリの楽しい笑い声があふれる年回り。社会全体が堅実ムードで、勉強や貯蓄に励むと良い年です。

●浮かれすぎないこと。調子に乗って遊び興じてわがままが過ぎると、周囲がまったく見えなくなり、振り返ってみると、何も内容が残らなかったという結果になりかねません。吉凶の両面が現れやすい年です。遊びや飲み食い、レジャー、バクチについつい、のめり込んでエスカレートして深みにはまったり、本業の仕事をおろそかにしないように節度を持つことが大切。例年よりも心に余裕と楽しさが生まれるため、余計な出費にも注意が必要な年です。

●自分が思ったことをついついストレートに言葉にしてしまい、悪気がなくてもトラブルになる「言葉に注意の年」でもあります。「言葉は諸刃の剣」「口は禍のもと」。初対面の人への対応、会社や地域社会での対人関係、友情や恋愛関係にヒビが入らないように注意しましょう。お金回りが良くなるので、金運に恵まれ、心の余裕が出てきます。楽しく嬉しい祝い事に縁がある年で、飲食や趣味、レジャーなどを楽しむ機会が多くなります。また、未婚、既婚に限らず、異性関係も発展する時です。未婚者は婚活による努力が実り、婚約やゴールイン。新たな異性との出会いが多い年回りです。既婚者は男女問わず、異性にモテますので、甘い誘惑や不倫に注意。

【今年の仕事運】

順調な時です。大勢の人との交流も盛んになり社会的な広がりも生まれ、人前でスピーチしたり、プレゼンしたりする機会が増える機運が出てきます。もし人前で話すことになったら、見栄を張ることなく率直かつ誠実に対処することです。サービス精神が高じて、ペラペラと軽薄に口をすべらせるとその場は楽しくても、ともすると底の浅い軽率なおしゃべりに流れやすい傾向があります。それでは、舌禍、口論のタネにもなり、身の破滅を招くことにもなりかねませんので、くれぐれも言葉の端々に注意しなければなりません。

【今年の金銭運】 

Gooudosei2015baio_2

順調です。仕事と共に祝杯を上げられることもあるでしょう。思わず顔がほころぶような年です。気がゆるみすぎて、ついつい飲食をしすぎてウエイト・コントロールが必要になるかもしれません。ついつい財布の紐がゆるくなり、支出がかなり多くなりがちです。順調な運気の波に乗って思わぬところでお金を手にするなど、もともとは金銭運に恵まれてはいるのですが、気をゆるめるとお金の出入りが激しくなりがちですので金銭管理をきちんとしましょう。

【今年の恋愛・結婚・異性運】

●結婚、とりわけ恋愛結婚を望んでいる人には、素敵な出会いが待っているでしょう。華やかなパーティや小旅行には、是非とも参加したいものです。新たな出会いが多いでしょう。趣味を持ちたい人にとっても、今年は積極的に行動することでプラスアルファの楽しみ、喜びも得られる最高の年です。きっと、本人にピッタリの素晴らしい趣味が見つかることでしょう。趣味を通して異性との出会いもあり、意気投合してゴールインというケースもあり得ます。ただし、趣味に夢中になったり、祝い事に有頂天になるあまり、仕事を怠けて遊びに溺れ、惰性に流れやすい時でもありますから、その点に注意する必要があります。

●出会いが多く、異性関係でも発展的機運に満ちており、恋愛や結婚には最適の時ですが、まかりまちがえば、複数の異性に興味を持って本命を見失い、三角関係など異性問題でトラブルを起こしやすい時でもあります。

●せっかく平和で良い運気に満ちた年が訪れたのですから、怠惰や贅沢に走りがちな気分をグッと引き締め堅実さを忘れないように努めて、素敵な出会い、そしてそこから生まれる喜びを思いっきり満喫したいものです。総じて言えば、今年はお金にしても異性関係にしても、豊かな実りを収穫する秋の刈り入れの年です。

●あまりに喜ばしいためについつい気がゆるみ、 怠けグセや遊びグセがついたり、軽率なおしゃべりに時間を奪われやすい傾向があります。その点に注意して一歩一歩、堅実に進んで行けば、素晴らしい実りを しっかり 手に入れることができます。また、手に入れなければいけない時です。

【五黄土星の人の適職】

破壊と創造を行う業界(会社の再建など)・土と関係する業界・政治家・財界・株屋・賭博・競馬業界・競輪業界・サラ金など取立て屋の業界・古物中古取引業界・葬儀業界・スクラップ業界・リストラ・裁判・農業・不動産関係・評論家・相場師・清掃業

【五黄土星の適職開運ポイント】

職業的な適応範囲は広く、一途に努力するタイプですから、成功の可能性は高いでしょう。あまり変化のある仕事は向かないようです。ただし、単調過ぎてもあきてしまいます。いずれにしてもリーダー的な存在になるでしょう。専門的な技術を身につけるのも良いでしょう。あまり派手な職業より地味で堅実的な方が、自分の生き方に合っているはずです。何事も強い信念で継続する姿勢が安定させるポイントです。幅広い環境に適応する能力を秘めています。対人関係を充実させることで、新しいビジネスチャンスが生まれます。

【今年の五黄土星の吉方と凶方】 

Gooudosei2015kippou_2

北=吉、南東=吉、南=吉、南西=吉、北東=凶、東=凶、西=凶

これは非常に大まかな吉方と凶方です。その年の吉方だけで引っ越しや移転、旅行などを決めると失敗します。

五黄土星の人のツキを呼び込むパワーストーン】

琥珀(幸福を招き、悪い因縁を絶つ)、ダイヤ(魂と体に栄養を送る)、アメジスト(英知と勇気、愛の守護石。出会いを招く)、放射ルチル(四方八方にまんべんなくエネルギーを放出して財運を引き寄せる)、シトリン(財の流出を防ぎ一か八かの勝負で強力な味方になる)、アンバー(琥珀=他人の邪気を追い出し対人関係や健康長寿や精神安定に効果)。

★本命星にピッタリな宝石パワーは自分の長所を引き伸ばし、能力を高め、願望をかなえやすくするものです。当社(スターフォーチュン)では、その人にピッタリのオリジナル製作によるパワーストーンを販売しています。恋愛結婚運や仕事運を上げるため、購入され、実際に結婚にゴールインしたり、仕事運がアップした方々が多数おられます。

【五黄土星の象意=中宮(玄)=真ん中】

中央、支配、天地の循環、帝王、破壊と創造、波瀾万丈、吉凶激しい、高く積み上げられた黄色の座布団、土化

2015年(平成27年) 六白金星の運勢と吉方位
2015/06/26

福岡の占いの館「宝琉館」館長の深川宝琉です。

Kigakuwakusei22015年(平成27年)の運勢は一体どうなっているのか。それぞれの本命星(生まれた年の星)に合わせ、吉方位も含めて詳細に紹介しています。

ここでは、九星気学で見る2015年(平成27年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 、二黒土星(じこくどせい) 、三碧木星(さんぺきもくせい) 、四緑木星(しろくもくせい) 、五黄土星(ごおうどせい) 、六白金星(ろっぱくきんせい) 、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい) 、九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介していきます。

引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は福岡の占いの館「宝琉館」本館  で鑑定を受けることができます。

第6回目は六白金星の人の2015年(平成27年)の運勢です。音譜  

Roppakukinsei1

2015年(平成25年)の運勢とは、正確には2015年2月4日から2016年2月3日までの運勢となります。

六白金星の人は大正2年生まれ、大正11年生まれ、昭和6年生まれ、昭和15年生まれ、昭和24年生まれ、昭和33年生まれ、昭和42年生まれ、昭和51年生まれ、昭和60年生まれ、平成6年生まれ、平成15年生まれ、平成24年生まれの人が該当します。ただし、それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人のみとなります。!!

2015年(平成27年) 六白金星の運勢

【今年の総合運(ツキを呼び込むポイント)】

Roppakukinsei2015imi

●今年は人生の転機(ターニングポイント)、節目、変化の年です。方向転換による摩擦、圧力は避けられず、未来への楽観性は禁物。物事の終わりと始め、その混合による葛藤の意味があります。仕事上の転換、転職、独立、移転、物件の転売、相続問題、親族や家族内のゴタゴタの問題など一身上の問題や変化が起こりやすい時です。今まで苦労が多くてうまくいかなかった人は改善して向上し、これまで順調だった人は逆に大きな山にぶつかったような試練と凶に変化したりします。何事も地道にコツコツ慎重に進め、変な欲を出さず、冷静沈着に転換の波に乗ることです。

●移転、改造、改革の意味のある年です。今まで順風満帆だった運気から衰運期に入り始め、突然、大きな山が目の前に立ちはだかった状態。真っ直ぐに進めず、右へ行くか、左へ行くか、最終判断しなければ災いが待ち受けます。今まで着実に準備をしてきた用意周到な人で、環境が整って自信と実力を持っている人は、思い切って方針転換を決断して良い時です。一白水星の人は、元来、物事を深く考え抜く思考優先でぎりぎりまで決断しない傾向があります。ここは大きな山にぶつかって直進できない状態ですので、右に行くか、左に行くかを思い切って自ら決断していく時です。

●季節でいえば厳冬を過ぎ、待望の春の訪れが近づく時勢。いまだに厳しい寒さは残り、行く手には巨大な高い山がそびえて立ちはだかっています。絶対に真っ直ぐには進めず、右に行くか、左に行くか、はっきりと選択を迫られる時です。方向転換の決断が必要ですから、長らく、そのために準備をしてきた人にとっては大胆に決断して大いに実りのある時期です。逆に準備なき人にとっては渋滞感が続き、大変厳しい試練の時になります。

【今年の仕事運】

●昨年までの享楽に浮かれる遊び心に余裕のある楽しいムードから一転して、運気が止まってしまったような感覚に陥ります。仕事上、大きな転機です。転職、職場の移転、引っ越しなどの機運が自然に出てきます。不動産に関することや子供、後継者問題の暗示があります。事業の拡大や縮小など、善し悪しは別にして従来通りのやり方は通用しなくなります。今までじっくり先を見据えて準備している人にとっては、方向転換となる決断は待ちに待ったタイムリーな時。サラリーマンやOLならば、人事異動があったり、仕事上の大きな方向転換を迫られるでしょう。

●経営者や商売をやっている人にとっても、従来のビジネススタイルや商売手法を大きく変更せざるを得ない状況に迫られる事態に遭遇するかもしれません。ぐずぐず迷っていると、思わぬ事態に追いやられることになりかねず、新たな事態に合わせて腹をくくり、うまく変化に合わせられる決意が大切です。転職や独立は好機ですが、あくまで用意周到に準備しているケースであれば方向転換の波に乗って成功が見込めます。一時の感情で焦って行動に移しても努力相応の成果は難しい時です。しっかり準備した後、脱サラして独立するにはチャンス到来の時です。

【今年の金銭運】

Roppakukinsei2015baio

●金運はポンポンと遊びに使ってきた昨年までとは違い、渋滞気味です。突然の方向転換で資金が必要になったり、引っ越しなどで通常とは違うお金が必要になる時です。身内の問題でお金が入り用になる場合もあります。財産の損失、借金に注意です。今まで綿密に計画して独立、転換のために資金を準備してきた人であれば、大きく使って結果が吉です。お金回りが良くなる時ですが、準備なく、突然用立てなければならないお金が必要になる場合もあり、今まできちんと貯蓄していたかどうかが試される時でもあります。

【今年の恋愛・結婚・異性運】

●恋愛については、これまでの楽しい雰囲気が冷め、つき合っていた人と別れたり、良縁を得にくい時期です。ゴタゴタの状態からキッパリ別れて新しい異性関係へ見切りをつけて吉となりやすい時です。

●家族や身内との関係を大切にしていたとしても、家庭の中でいろんな問題が起こりやすく、突然に実家の家業を継ぐ羽目になったり、新たな変化で降ってわいたような別居問題、同居問題、介護問題などが本格化したり、養子縁組や跡継ぎ問題で親族とトラブルになったりしやすい時です。

●不倫問題については、別れて精算して正解です。三角関係もどちらかとキッパリ縁を切ると良いでしょう。新たな良縁のきっかけとなります。離婚に関しては、お薦めできる話ではありませんが、前々から離婚を考えていた人にとっては、充分な準備とメドがある場合は進めても良い時です。一つの大きな区切りをつけ、ターニングポイントとして新しい人生を力強く歩み始める運気です。

【六白金星の恋愛結婚運の特性】

男女共に恋愛に関しては情熱的なところを秘めています。それだけ恋愛成就の可能性も高くなります。内面的にはプライトがあるので、自分の理想通りに運ばないと気力を失うこともあるでしょう。短慮に偏ることなく、誤解のないようにコミュニケーションに配慮しましょう。時間はかかっても説明すれば、理解してもらえるはずです。自分にふさわしい運命の人を見つける努力をしましょう。

【六白金星の人の適職】

宇宙や天体・過大と剛毅な業界・政治・官公庁・上級公務員・超大企業・航空業界・自動車業界・監督・交通業界・自衛官・貴金属業・スポーツ関係・自動車・航空関係・大企業

【六白金星の適職開運ポイント】

人を指導する役割や管理する職業に適性があります。プライドがあるので自分の好きな分野を見極めることが大切です。自由業で独立することも可能です。組織に属す場合はリーダーシップを発揮できることが条件です。合理的思考と先見性を身につけることで本領を発揮できます。特殊な技術にも適性があるので、前向きにチャレンジしましょう。やりがいのある重要なポストを任せられると全力で取り組みます。逆に持ち味が活かされないと気力が低下します。生得的な責任感の強さが事業にプラスに作用しています。

【今年の六白金星の吉方と凶方】 

Rippkakukinsei2015kippou

北=吉、南東=吉、南=吉、北東=凶、東=凶、南西=凶、西=凶

※これは非常に大まかな吉方と凶方です。その年の吉方だけで引っ越しや移転、旅行などを決めると失敗します。吉方と凶方はその人の生年月日によって月ごとや日ごとで細かく変化しますので、引っ越しや移転、吉方取り(お水取り)などの吉方や日取りは福岡の占いの館「宝琉館」本館  による詳細かつ正確なオリジナル有料鑑定をお薦めします。

【六白金星の人のツキを呼び込むパワーストーン】

ダイヤ(魂と体に栄養を送る)、オニキス(心と体のバランスを保ち、強化する)、トパーズ(消極性を払しょくし繁栄、名誉運アップ)、隕石(マイナスエネルギーをピュアな気で浄化リセット)、グリーンファントム(真面目に貯めた財を増やし大成功に導く)、ラブラドライト(未来を見通す眼力と強い信念や実行力を得る)。

【六白金星の象意=天(乾)=北西】

広く大きいもの。強いもの。丸い。覆うもの。高級な仕事や高尚なもの。スポーツ、先祖、信仰、栄転や昇進、「健全」の意味。援助者や円、貴金属、時計、カバン。人では父親、社長、皇帝、王、権威ある人、剛毅な人、神官、先生、軍人、首相、大統領など組織のトップ。場所では大都会、首都、宮殿、城、神社、海、公共施設、国の中枢。

2015年(平成27年) 七赤金星の運勢と吉方位
2015/06/26

深川宝琉です。

2star1

2015年(平成27年)の運勢は一体どうなっているのか。それぞれの本命星(生まれた年の星)に合わせ、吉方位も含めて詳細に紹介しています。

ここでは、九星気学で見る2015年(平成27年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 、二黒土星(じこくどせい) 、三碧木星(さんぺきもくせい) 、四緑木星(しろくもくせい) 、五黄土星(ごおうどせい) 、六白金星(ろっぱくきんせい) 、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい) 、九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介していきます。

Sichisekikinsei1_2

第7回目は七赤金星の人の2015年(平成27年)の運勢です。音譜

2014年(平成25年)の運勢とは、正確には2014年2月4日から2015年2月3日までの運勢となります。

七赤金星の人は大正元年生まれ、大正10年生まれ、昭和5年生まれ、昭和14年生まれ、昭和23年生まれ、昭和32年生まれ、昭和41年生まれ、昭和50年生まれ、昭和59年生まれ、平成5年生まれ、平成14年生まれ、平成23年生まれの人が該当します。ただし、それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人のみとなります。!!

2015年(平成27年) 七赤金星の運勢

【今年の総合運(ツキを呼び込むポイント)】

Sichisekikinsei2015imi

●今年は過去から積み重ねていた良いものも悪いものも全て鮮明になる年です。白日の下にすべてが曝(さら)されます。赤道上で正午に自分の影が見えなくなるように、影の部分が一切なくなり、自分の過去のすべてが明らかになり、良いことをしていれば、評価され、悪いことを隠していれば露呈する年回りとなります。

●これまで苦労して影でコツコツ積み重ねてきた業績や才能、善行が世の中から評価され、脚光を浴びて昇り龍のように昇進していく機運の時。陰徳を積んできた人にとっては大きく評価される時です。逆に人に知られたくない悪い秘密や不倫、浮気、贈収賄、汚職、書類のミス、二重帳簿などがさらけ出される暴露の年でもあります。税務署の調査が入ったり、公的機関の調査が入ったりして厳しいチェックを受ける時期です。税務をきちんとしていれば、逆に表彰されるような年でもあります。

●表裏なく正しい交際、交流を心がけ、内面の充実を心がける年です。これまでの良いこと、悪いことがすべて明るみに出て、評価が決まる時です。学術関係でも過去の業績が幅広く知られるようになる一方、過去の悪事も世間にさらされ、名誉を得るか、失墜するか、両極端の結果になりやすい。過去の苦労や実績もないのに評価されると、テングになって恨みを買ったり、け落とされたりしやすいので、策謀ばかりを張り巡らすことなく、謙虚な姿勢が最優先の年回りです。

【今年の仕事運】

●これまで黙々と努力してきた人ならば、上司や経営者の目に止まり、思いもよらぬ大きな評価を受ける時です。本人が燦々と光を放つ太陽になったように多くの人々の視線を集めます。しかし、良いことも悪いことも明らかになることを念頭に置いてください。たとえば、サラリーマンなら大いに出世し、能力と魅力に磨きがかかり、才能を輝かせて人々の称賛の的になる年です。しかし、華々しい時こそ、羨望の的になりやすく、運命学は注意を強調します。気学では前厄になりますので評価に浮かれることなく淡々と仕事をこなしていくことです。

●これまで影で努力することなく過ごしてきた人にとっては、急に上司から評価されると、自分の実力が伴っていないのに鼻が高くなり、人を見下す傲慢さが鼻につくようになります。周囲の人から「鼻持ちならない人」と総スカンを食らったり、目立ちすぎてバッシングに遭ったりする場合があります。最悪の場合、濡れ衣を着せられるというケースもあるでしょう。

●自惚(うぬぼ)れや虚栄心は禁物。職場での人望という面では、思い上がってテングになることで周囲からは良く思われず、足を引っ張られる渋滞気味の運勢です。外見ばかりに目がいって評価されると、隠れた内面に意識が行かず、大切な時に失敗しがちですので、プライドの高さが無用の争いを招いたり、些細のことで血気怒気に走ってせっかく手中にした地位や名誉や友人を失うことになりかねません。冷静さと謙虚な気持ちを忘れないように十分、戒めることです。とくに、2012年後半の秋口からは本厄に入る前段階ですので運勢が下がっていきます。くれぐれも用心しなければなりません。

【今年の金銭運】 

Sichisekikinsei2015baio

華やかさを求め、高級な貴金属、高価な絵画、骨董品などに目が行き、高級志向から高額商品をついつい買ってしまいがちな時です。締めてかからないと、後でお金のやりくりが大変になり、後悔してしまうことも。高額品の支払いは計画性をもって決断すべきです。外面的な華やかさを求めるよりも、むしろ、心の内面の充実を図るために、資格を取ったり、勉強や趣味を始めて心磨きをするためにお金を使うと有効でしょう。自分の部屋、トイレ、家の周りなどをきれいに掃除し、町内会の活動やボランティア活動に積極的に参加しながら陰徳積みをしていくと思わぬ人から信頼され、新たな人脈から金運を呼び込むこともありそうです。

【今年の恋愛・結婚・異性運】

華やかな世界で脚光を浴び、異性から注目を集められやすい時期です。自分の才能や魅力が意外な人から認められやすく、不遇のときに味わった苦い経験がバネになり、人格を磨いてきた魅力が光り、意中の人とのお付き合いが可能になることも。不倫や三角関係、いくつもの掛け持ちは、すぐにバレてしまい、これまでの付き合いがこじれてしまいます。逆に地道に一人の人を思い続け、愛を温めていけば、相手に思いが通じて婚約、結婚へゴールインすることも十分に可能です。

【七赤金星の恋愛結婚運の特性】

基本的に平凡な恋愛より、ドラマティックな恋愛を好みます。要するに変化を好むわけです。男女共に異性から好かれることが多いでしょう。相手の外見にのみとらわれることなく、内面性を重視しましょう。運命の人を見つけるまでは、多少の紆余曲折があるでしょう。しかし、恋愛経験は未来に活かせるので、決して無駄ではありません。誰が自分を幸せにするのか、焦らずに相手の本質を見極めたいものです。

※ご本人の生年月日から見た本格的な恋愛結婚運や本格的な相性占いであれば、「占いのお申し込み」 からの鑑定をお申し込み下さい。ご本人の開運ポイントが詳細なオリジナル鑑定書を通してしっかり理解できます。

【七赤金星の人の適職】

金融関係・食品関係・レジャー産業・芸能関係・喫茶店・銀行員・歯科医・具体的な収穫のある業界・経済業界・金融業・飲食と口に関する業界・物品販売・弁論家・裁判・教師・弁護士・アナウンサー・お笑い番組・喜劇・老人相手の産業

【七赤金星の適職開運ポイント】

職業的には柔軟性があるので、適応範囲は比較的に広いでしょう。器用さと冷静さを発揮できる職業を見極めましょう。ただし、自分の好きな事柄でなければ、長続きは難しいでしょう。対人関係の引き立ては素直に受けましょう。サービス業や細やかな配慮が活かせる分野にも適性があります。進むべき方向性が決まれば、情熱的ですから成功の可能性も高くなります。平凡な繰り返しより変化のある職種がよいでしょう。事業面には先見性が要求されます。特殊な技術力を身につけ独立する人も少なくありません。

【今年の七赤金星の吉方と凶方】

Sichisekikinsei2015kippou

南東=吉、北=凶、北東=凶、東=凶、南=凶、西=凶

※これは非常に大まかな吉方と凶方です。その年の吉方だけで引っ越しや移転、旅行などを決めると失敗します。吉方と凶方はその人の生年月日によって月ごとや日ごとで細かく変化しますので、引っ越しや移転、吉方取り(お水取り)などの吉方や日取りは福岡の占いの館「宝琉館」本館 による詳細かつ正確なオリジナル有料鑑定をお薦めします。

【七赤金星の人のツキを呼び込むパワーストーン】

ダイヤ(魂と体に栄養を送る)、パール(純潔を象徴し、感情を穏和に丸くする)、トパーズ(消極性を払しょくし繁栄、名誉運アップ)、金針ルチル(ここぞという時に強烈に財を集め企画力や創作力アップ)、クリサンセマムストーン(菊花石=落ち込む気持ちを解消し再チャレンジする前向きな気持ちになる)、タイチンルチル(金運や財運やギャンブル運最強アップ)。

★宝琉館では、2015年ひつじ年開運オリジナル・パワーストーンを依頼者の状況に応じてピッタリのものを紹介しています。すでに二ヶ月前から品切れ状態になるものもあり、現在は、一人ひとり丁寧に作成ができるようになっています。

【七赤金星の象意=沢(兌)=西】

池や小川。沼、池、プール。口や「喜び」を意味。池や小川のせせらぎの中、色とりどりの可憐な花々が咲き乱れ、小鳥がさえずっているイメージ。人では、おしゃべり好きな少女、歌手、アナウンサー、キャスター、騒がしい新入女性社員。場所では賑やかな娯楽場、噴水、喫茶店、茶の間、娯楽街、スナック、料理店、食堂、講習会場。

2015年(平成27年) 八白土星の運勢と吉方位
2015/06/26

深川宝琉です。

2star1_2

2015年(平成27年)の運勢は一体どうなっているのか。それぞれの本命星(生まれた年の星)に合わせ、吉方位も含めて詳細に紹介しています。

ここでは、九星気学で見る2015年(平成27年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 、二黒土星(じこくどせい) 、三碧木星(さんぺきもくせい) 、四緑木星(しろくもくせい) 、五黄土星(ごおうどせい) 、六白金星(ろっぱくきんせい) 、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい) 、九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介していきます。

引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は福岡の占いの館「宝琉館」本館  で鑑定を受けることができます。  

Happakudosei1

第8回目は八白土星の人の2015年(平成27年)の運勢です。音譜

2015年(平成27年)の運勢とは、正確には2015年2月4日から2016年2月3日までの運勢となります。

八白土星の人は大正9年生まれ、昭和4年生まれ、昭和13年生まれ、昭和22年生まれ、昭和31年生まれ、昭和40年生まれ、昭和49年生まれ、昭和58年生まれ、平成4年生まれ、平成13年生まれ、平成22年生まれの人が該当します。ただし、それぞれの年の2月4日から翌年2月3日生まれの人のみとなります。!!

2015年(平成27年) 八白土星の運勢

【今年の総合運(ツキを呼び込むポイント)】

Happakudosei2015imi

●今年はツキが最低の本厄年です。濁流が渦巻き、何もかもが冴えず、真冬の暗黒の海の中で放浪するような状態。人生の辛い孤独の時であり、スランプ、心の悩み、金銭トラブル、事故、ケガ、病気、色恋沙汰のトラブルなどの暗示ばかりがあります。真っ暗な闇夜に灯火一つもなく手探りで歩いている暗中模索の時で、先がまったく見えません。厳寒の冬のような年ですが、寒さに耐え忍んで乗り越えれば、やがて希望の春が巡ってきます。「受け身」に徹して堪え忍び、春の到来をひたすら待つ時。今年は勉学のチャンスです。しっかりと実力がつくでしょう。

●「冬来たりなば、春遠からじ」。ツキが最低だからといって決して自暴自棄になってはいけません。死んだふりをしても虎視眈々と実力を備える時です。前途が見えない時、人は心の弱さから動き回ることで活路を見出そうとしますが、ツキがない時には自縄自縛になりやすく、あせって墓穴を掘ることになりかねません。

●この年を無難に過ごすことができる人は、しっかりした実力や良い知人・友人をお持ちの方です。大病を患ったり、事業につまずくこともなく、平然と厄年を過ごす人も少なくありません。ツキを落とす人がいる一方で、無難に過ごす人もいます。むしろ、あらゆる条件が整って、慎重に事に当たり、入念に準備して独立、転職、転居などが可能な人もいます。この違いはどこにあるのかと言えば、日ごろの心構えや陰徳積み、人脈、情報収集能力、生き方(悲壮感よりも楽天的な心の余裕を持つ)、その人自身の土台がしっかりしているかどうかにかかっています。

●天から人生のテストに臨み、試されている時です。邪道から活路を見出そうとせず、このような時こそ、正攻法で自分磨きをする時です。学問、資格取得、習い事、研究を通して将来に備えるには絶好のチャンスの時です。外的にツキがない運気の時は内面を充実して心磨きをしてピンチをチャンスに転じる準備を進めることです。人生、最も苦しい時期に出会う書物、人生の転機となる「人生の師」との出会いがこの時期にできれば、ひとまず、よしとすべきです。黙々と努力を続け、普段はできない勉強や訓練、研究を行っていけば、必ず、将来、役立ち、大きく実 を結びます。

【今年の仕事運】

●昨年、どれぐらい影で努力してきたかで波乱の度合いが変わってきます。サラリーマンやOLであれば、誰からも無視されたり、認められない不利な立場に立たされたり、派閥の権力闘争の渦中に巻き込まれたり、上司や部下や幹部同士の板挟みになって苦しむ中間管理職の状態です。引くに引けない、出るに出られない苦境に立たせられたりします。学校でも職場でも、また家庭でも悩みが尽きない時。周囲や他人が自分自身を無視したり、完全に否定される事態が重なり、心を開いて相談する相手も得にくい孤独の時です。こういう時こそ、その人の底力(真価)が試される時であり、投げやりにならず、「天のテスト期間」を合格点で通過して下さい。

●予定している融資の話の詰めが甘くなったり、契約内容の確認が杜撰(ずさん)になったり、何かと手違いやミスを犯す可能性が高い時ですので、念には念を入れて仕事上のミスがないように努力していください。

【今年の金銭運】

Happakudosei2014baio

金運は最低の時。自分の心の弱さ、魔が差して、甘い言葉で付け込んでくる人が寄ってくることがあります。力になってくれるようなことを言って近づき、儲け話でなけなしの貯金まで根こそぎ持っていかれるようなことになりかねません。くれぐれも詐欺や悪徳商法に引っかからないようにすることです。身ぐるみを剥がされないためには、投機的な話や博打的な話には絶対に乗らないことです。

【今年の恋愛・結婚・異性運】

人に公表できないような秘密の付き合いをして裏切られたり、こじれにこじれてズブズブに泥沼化することも大いに予想されます。昨年に発覚した不倫や三角関係が原因で最終的に別れることも起こります。男女問題にはいつも以上に気をつけなければなりません。健康にも細心の注意を払いましょう。

※ご本人の生年月日から見た本格的な恋愛結婚運や本格的な相性占いであれば、「占いのお申し込み」 からの鑑定をお申し込み下さい。ご本人の開運ポイントが詳細なオリジナル鑑定書を通してしっかり理解できます。

【八白土星の恋愛結婚運の特性】

恋愛に関しては異性に対する独占欲、執着心の強さが感じられます。男女共にいい加減な交際では妥協しないタイプです。その根底には直線的で純粋な恋愛観が大きく影響しています。内面的な優しさや楽天性は、恋愛にもプラスに作用しています。自分の気持ちに正直に生きるので、独善的にならないようにしましょう。人を理解する気持ちを身につけることが恋愛成就につながります。

※ご本人の生年月日から見た本格的な恋愛結婚運や本格的な相性占いであれば、「占いのお申し込み」 からの鑑定をお申し込み下さい。ご本人の開運ポイントが詳細なオリジナル鑑定書を通してしっかり理解できます。

【八白土星の人の適職】

サービス業・不動産関係・ホテル業・僧侶・貸しビル業・建築業・鉄道山と土に関する業界・貸し倉庫業界・植林・鉱山業界・階段に関する業種・修行・心霊占い・心理学者

【八白土星の適職開運ポイント】

基本的に組織に属しても独立しても問題ありません。生得的な信念の強さを発揮できれば、努力相応の成功も夢ではないでしょう。人により転職を何度か経験することもあるようです。過去の経験は決して無駄にはなりません。環境は変化しても情熱はもち続けたいものです。逆に変化の少ない単調な仕事は、性格的に向かないでしょう。特殊な技術を身につけ、幅広い分野で活躍する人も少なくありません。対人関係の充実がビジネスチャンスにつながります。信頼に厚い人柄は事業面にもプラスになっています。

【今年の八白土星の吉方と凶方】

Happakudosei2015kippou

南東=吉、南西=吉、北=凶、北東=凶、東=凶、南=凶、西=凶

※これは非常に大まかな吉方と凶方です。その年の吉方だけで引っ越しや移転、旅行などを決めると失敗します。吉方と凶方はその人の生年月日によって月ごとや日ごとで細かく変化しますので、引っ越しや移転、吉方取り(お水取り)などの吉方や日取りは福岡の占いの館 対面鑑定の「宝琉館」本館  による詳細かつ正確なオリジナル有料鑑定をお薦めします。

【八白土星の人のツキを呼び込むパワーストーン】

水晶(集中力を高め、決断力を強化)、ダイヤ(魂と体に栄養を送る)、トパーズ(消極性を払しょくし繁栄、名誉運アップ)、マウンテンクリスタル(日々ポジティブに生きるパワーを与える)、スモーキークオーツ(理由なく不安を感じる繊細な人に悩み事を解消する)、ヒスイ(翡翠=邪悪な災いやねたみや事故をシャットアウトし守ってくれる)。

★宝琉館では、2015年ひつじ年開運オリジナル・パワーストーンを依頼者の状況に応じてピッタリのものを紹介しています。すでに二ヶ月前から品切れ状態になるものもあり、現在は、一人ひとり丁寧に作成ができるようになっています。

【八白土星の象意=山(艮)=北東】

どっしり動かないもの、近寄りがたい高尚なもの。変わり目。山また山。固くて重いもの、蓄財、「停止」や「変化」、「相続」を意味。積み重ねたもの、担ぎ上げられること。人では少年、土地建物業、リストラを恐れる窓際社員、頑固者、親戚、家族、篤実な人、山のように高尚な人。場所では城、寺、墓、仏閣、倉庫、ホテル、門、旅館、デパート。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -